2/24(土)地域自立支援協議会マルシェ開催

日程 2024-02-24

糟屋中南部地域自立支援協議会マルシェ開催


福岡県では、障がいのある皆さんがつくる商品やサービスを「まごころ製品」と呼んでいます。いろいろな福祉事業所それぞれが柔軟な発想力を活かして、個性豊かな商品を開発・販売しています。糟屋中南部地域にも沢山の福祉事業所がありますが、今回はその中でも、ハンドメイド雑貨と洋菓子を皆さまにご紹介したいと思います。ハンドメイドならではの味のある雑貨や、ふるさと納税の返礼品にも選ばれている洋菓子を、ぜひ、直接手に取ってご覧になって下さい。


出店事業者紹介:

販売出店

手作り雑貨出店

わくわくスタジオ

社会福祉法人三活会は高齢者福祉施設「緑の里」はじめ、障がい者就労支援施設「わくわくスタジオ」、保育施設「いきいき保育園」の
3拠点で、あらゆる相談に対応できる法人としてこれからも地域の皆様方に親しみ、愛される法人となるよう努力してまいります。
「わくわくスタジオ」は就労継続支援B型(障がい福祉サービス)で、通常の事業所に雇用されることが困難な就労経験のある障がいのある方に対し、生産活動などの機会の提供、知識及び能力の向上のために必要な訓練などを行うサービスです。このサービスを通じて生産活動や就労に必要な知識や能力が高まった方は、就労継続支援(A型)や一般就労への移行を目指します。

 


お菓子出店

YUZUKA
社会福祉法人柚の木福祉会の就労継続支援施設で、須恵町の地域活性化センター1階にある洋菓子店です。日々、障がいのある方が特性や体調に合わせて、自分のペースで働いています。
また、地域の小学校や県内の特別支援学校、福祉系の大学、専門学校などとの交流も積極的に行っており「町のお菓子屋さん」として地域に根差したお店になっています。

「安心安全でおいしいお菓子を子どもに食べさせたい」そんなご家族の思いにお応えして、国産小麦、添加物不使用にこだわってお作りしています。
心をこめたお菓子で、お子様の健やかな成長を願っています。また、就労継続支援B型として楽しく働く成人期の「活動と参加」と人生設計に沿う支援を心掛けています。


利用者作品販売

ヒルンド久山
利用者の持つ個性に対応し、自己決定、自己選択を引き出し、「その人らしく」生きていくお手伝いをする。
また、一般社会の中でもしっかりと生活できるようルールや知識を学んでいただき、安心して暮らせるよう環境を整える。
就労継続支援B型施設


展示出店

パネル展示

久山自立園
当園は、「働きたい」意欲を持ちながら、障がいのため一般の職場に雇用されることが困難な身体障がい者・知的障がい者(精神障がい者も利用可)が自宅から送迎支援を受けながら通所利用し、作業及び生活訓練を通して自立をはかることを目的として設立した障害福祉サービス事業所です。


パンフレット等 資料配布

いいなサポート

いいなサポートは、主に就労支援A型事業という「働く場」を提供する会社です。いいなグループの物流倉庫での仕事や業務をサポートしています。
働くスタッフの雇用や職場環境、実務や職業訓練を通じ、職業技能や管理能力など、働くスタッフが「いいね♪」と思ってもらえる会社づくりを目指し、地域社会の連携と発展を目指しています。